大阪観光

大阪観光

  •  
  •  
  •  

難波八阪神社

難波八阪神社は、大阪市浪速区に鎮座する神社で、小規模なビルや店舗などにはさまれた市街地の一角にあたります。祭神はヤマタノオロチを退治した勇猛果敢な伝説で知られている素盞嗚尊、ヤマタノオロチの生け贄となっていたところを救い出されて妻となった奇稲田姫命、ほかに誓約で生まれた宗像三神などを八柱御子命としてあわせ祀っています

難波八阪神社の名物といえば、境内にある「獅子殿」とよばれる巨大な獅子頭のかたちをした舞台で、高さ12メートル、奥行き7メートル、幅7メートルほどもあり、昭和49年に、現在の社殿とあわせて竣工したものです。

内部には素盞鳴尊の荒御魂を祀る加賀獅子一対が祀られていますが、外側の巨大獅子のほうは、目はライト、鼻はスピーカーになっているというユニークなもので、正月の雅楽の奉納や夏祭りの獅子舞などで利用されています。最近では大きな口で勝利を呼び込む縁起のよい舞台として、獅子殿をめあてに全国から参拝におとずれる人も少なくはありません。

この難波八阪神社の歴史ですが、古文書などに乏しいためにくわしいことは明らかではないものの、古くは「難波下の宮」とよばれ、難波一帯の産土神として地元の人に信仰されていたもので、平安時代の後三条天皇のころから、すでに祇園神社と同じく牛頭天王をお祀りする神社として知られていたとされています。

神仏習合のために、長らく仏教の牛頭天王と神道の素盞嗚尊とは同体であるとされてきましたが、明治時代に神仏分離令が出されたことによって、もとからあった寺院は廃絶されて、祭神も現在のようなかたちにあらためられています。

難波八阪神社では、毎年1月の第3日曜日に「綱引神事」とよばれる神事が恒例で行われており、これは江戸時代の「摂津名所図会」などのガイドブック的な書物などにも記載のある、相当古くからのものであるとみられています。ヤマタノオロチのように八頭八尾のかたちにつくった大綱を恵方の方角に引いて、災いを除いたり、作物の豊かなみのりを祈念するというもので、大阪市の指定無形民俗文化財にもなっています

また、毎年7月13日から14日にかけては、この神社の夏祭が開催され、神輿や太鼓の集団が千日前、道頓堀、戎橋筋といった繁華街のあたりをにぎにぎしく練り歩きます。最近では、ひさしく途絶えていた水上での巡行が復活し、道頓堀川に神霊を乗せた船が行き交うなど、さらににぎやかさを増しています。

▲ PAGE TOP 

Copyright 大阪観光 All Rights Reserved.