大阪観光

大阪観光

  •  
  •  
  •  

アメリカ村周辺

大阪市中央区にあるアメリカ村は大阪府の中でも有数の観光スポットとして知られています。このアメリカ村がある西心斎橋の周辺には有名な観光スポットがたくさんあります。その中でも特に有名なのがアメリカ村の中心となっている三角公園です。

この公園は正式には御津公園というのですがこの名前よりも、三角公園という通称の方が広く知れ渡っています。三角公園という名前の由来はその名の通り、形状が三角形をしているからです。周囲を開発していく過程で三角形の土地ができたために、そこを利用して公園が作られました。

アメリカ村周辺でその他に有名なのが同じ心斎橋にあるミナミと呼ばれる地域です。この地域はアメリカ周辺に限らずに、大阪市でも有数の繁華街として知られています。

ミナミは大阪市の中央区と浪速区に広がる広範囲の地域に広がっています。千日前や島之内、難波などに広がっている繁華街のことをまとめてミナミと呼んでいます。この地域で特に全国的にもその名前を知られている繁華街が道頓堀です。道頓堀には道頓堀川という河川が流れています。この川は東横堀川から流れてきて、木津川に合流する川です。日本橋から浮庭橋までの間には近年、どうとんぼりリバーウォークという遊歩道が作られたために、観光客などが気軽に道頓堀の景観を楽しめるようになっています。

イベントができるスペースもあるために、この場所で催し物が行われることもあります。また太左衛門橋の近辺には船着場があり、そこから遊覧船に乗って船の上から道頓堀を楽しむこともできます。遊覧船にはとんぼりリバークルーズえちぜん号、アクアミニ水都号などの名前がつけられています。

アメリカ村周辺でその他によく知られている観光スポットとしては同じ中央区にある戎橋があります。この橋は道頓堀川に架けられている橋で、道頓堀で全国的に最もよく知られている場所です。この橋が有名になったのは、阪神タイガースやサッカーのワールドカップの出場が決定した時に、少なからぬ人がこの橋から川に飛び込んだ様子がテレビで放送されたからです。しかしこのような行為はたいへん危険であることから、大阪市ではこのような行為をしないように注意を呼びかけています。

この戎橋の周辺には大阪を象徴するような建造物が多くあります。その一つがとても有名なグリコの看板です。両腕を高く上げて走っている男性の看板は大阪の一つの象徴のようにもなっています。またかに道楽の看板も広く知られています。

▲ PAGE TOP 

Copyright 大阪観光 All Rights Reserved.